(元)テカポ星空ガイドのブログ

NZのレイクテカポにて3年半の星空ガイド経験を経て、地元和歌山に帰ってきました。熊野古道での星空ツアー開催に向けて全力で準備中です。

テカポのお酒事情

こんにちは。テカポ星空ガイドの角田です。今回はテカポのお酒事情についてご案内します。NZへの旅行や留学を考えているお酒好きの方、またはNZ移住を目指しているお酒好きの方は参考にしてみてください。

最近テカポはどんどん暖かくなってきて、春を感じるようになってきました。うちの庭にも桜が咲きました!ってことで昨日、会社の日本語ガイドメンバーと花見をしました。

ガイドが集まると、全員声通るし、全員すぐにしゃべりがるし、全員今話してる人が呼吸してる間を狙って話持っていこうとするし、なかなか大変でした。一瞬も気が抜けない、ましてや花を見て楽しんでるヒマなんてないような群雄割拠のおしゃべり花見でした。

さてさて、お花見と言えばお酒!ってことで、今回はテカポのお酒事情について紹介します。一応言っておきますが、昨日の花見でも夜のガイド業がある人は一滴もお酒飲んでませんからね!その辺のモラルはしっかりしてるチームです。

 

NZのお酒

NZでお酒と言えばやっぱりワインとビールです。さらに、イギリス文化なのでウィスキーもよく飲まれているし、手に入りやすいです。

テカポは以前の記事でも紹介した通り、人口400人程度の小さな小さな町ですが、町なかに唯一あるスーパーではお肉や野菜が品切れになることはありますが、ビールとワインが品切れになっているところは見たことがないです。店内の面積を考えても、けっこうしっかりとした品ぞろえで手に入ります。

パブに行けばウィスキーをボトルで購入することもできますので、小さな町で何かと不便な割には飲むお酒には困らない場所です。

blog.natsukikakuda.xn--tckwe

 

ワインについて

NZはブドウの生産に適した気候で、国中の至るところにワイナリーがあります。ワイナリーを巡って試飲できるところも多いので、NZに来たときには是非立ち寄ってみてください。ワインの価格は日本より手頃で、毎日食卓で飲む家庭もあるぐらいです。

私は以前、ペガサスベイというワイナリーに行ったことがあり、そこはレストランも併設されており、キレイなガーデンを眺めながらワインに合う料理をゆっくり楽しめる場所でした。これがそのときの写真です↓

f:id:natsukikakuda:20160926092536j:plain

ワイングラスにペガサスが飛んでます。料理もとーってもおいしかったです。

 

ビールについて

ワインと同じぐらい人気なのがビールです。ラグビー見るときはビール、ラグビーの試合前にはビール、ラグビーした後もビール。ラグビーとビールはセットです。NZとラグビーはセットなので、つまりビールとNZもセットです。

各地に地酒を造る醸造所があり、一般的に北島の人は北島のお酒を、南島の人は南島のお酒を好んで飲む傾向があります。日本でいうところの関西と関東みたいなものでしょうか?白浜に来たらナギサビール!みたいなもんでしょうか?

テカポも南島にあるので、ダニーデンに本社があるスペイツ(SPEIGHTS)が一番人気です。この辺りのバーやパブでは基本的にスペイツが売られています。NZを旅するときは、いろんな地方でそれぞれのご当地ビールを楽しむのもいいかもしれません。

ちなみに、このスぺイツの本社では工場見学ツアーを行っており、巨大な樽にビールが仕込まれる模様を生で見れたり、昔イギリスからNZにやってきた人達がどのようにビールを持ち込んだかの歴史を学ぶことができます。もちろん、ツアーの最後には試飲もできるのでオススメですよ!本社近くにはスペイツのレストランも併設されており、ここでもビールに合う料理を楽しむことができます。

 

ウィスキーについて

やはりNZにはイギリスを起源に持つ人も多いので、日本よりウィスキーを好む人が多いように思います。テカポを含め、いろんな町で簡単に手に入りますし、比較的値段も安いです。

実はNZでもウィスキーを作っている会社が1社だけあります。大量生産を行っているわけではないので、値段はちょっとしますがせっかくNZに来たなら、NZで作ったウィスキーを飲んでもらいたいとも思います。

このNZウィスキーはオンラインでも買えますが、実際の店で買えるのは南島海岸沿いの町・Oamaruだけです。実は私は2週間前にこのOamaruに行く機会があり、このNZウィスキーを飲んでみたんですが、すっごくおいしかったです!

ちょっと高いんでボトル購入は断念しましたが、いつか臨時収入が入ったらオンラインで買おうかと企んでます。2016年11月に購入しました!

f:id:natsukikakuda:20161123105820j:plain

 

日本のお酒は手に入るのか?

さて、NZのお酒について紹介してきましたが、日本から旅行や移住で来られる方にとって気になるのが日本のお酒は手に入るのか?という点だと思います。結論を言うと、ビール・日本酒は比較的手に入りやすいですが、焼酎は難しいです。

ビールに関して言えば、NZでもビール愛好家は多いですし日本のビールも評価されてますので、テカポでもサッポロビールが手に入ります。都市部に行けばアサヒ・キリン・サッポロ・オリオン選びたい放題です。休日にラム肉に塩コショウしてオーブンでグリル、ビールと一緒にぷはーっと行けばもう最高です。

日本酒も知名度が高く、日本語としては「スシ」に並んで「サケ」はよく知られてますので、そういう点でも比較的よく売られています。テカポでは手に入りませんが、車で1時間ほど離れた場所にあるTimaruに行けば日本酒は手に入ります。日本酒とNZの新鮮で油の乗ったサーモンは抜群の相性ですよ!

私は焼酎愛好家なんですが、残念ながら焼酎はまだNZでの知名度は低く、なかなか手に入らないです。NZ最大の街・オークランドでは日本人も多いので焼酎を販売している店がありますが、南島で焼酎を売っている店を見たことありません。私は日本に帰った時にまとめて買って、大事に大事に飲んでいます。

 

日本のお酒が飲みたくなったら

外国に来て、その場所の飲み物を飲むのももちろん旅行の楽しみの一つですが、たまには日本の味が恋しくなることもありますよね?そんな場合の対処法が日本食レストランです。NZでは至るところに日本食レストランがあります。テカポにも一件あります。

上記で紹介したように、日本のお酒が手に入らないわけではないですが、どうしても割高になりますし、一杯だけ飲むためにボトルを買うと荷物にもなって面倒です。そんなときは日本食レストランを利用しましょう。大抵どの店にも日本のビールとお酒は置いてます。場所によっては焼酎・梅酒を取り揃えている店もあります。