(元)テカポ星空ガイドのブログ

NZのレイクテカポにて3年半の星空ガイド経験を経て、地元和歌山に帰ってきました。熊野古道での星空ツアー開催に向けて全力で準備中です。

熊野古道で星空ツアー始めます!2017年テカポ星空ガイドの挑戦

こんにちは。テカポ星空ガイドの角田です。今年2017年は私にとって大きな挑戦の年です。自分の覚悟を示す意味も込めて、ここに決意表明と今後のプランを記しておきます。

角田、Earth and Sky辞めるってよ

このブログでは私角田夏樹が「テカポ星空ガイド」として、テカポから見る天体現象やテカポの暮らしについて紹介してきました。しかし2017年2月19日をもって私はEarth and Skyを退社し、テカポ星空ガイドではなくなります

※2017年4月現在、NZを離れて地元・和歌山に戻ってきております

2013年8月から3年半お世話になった会社を辞めるのはもちろん寂しいですし、大好きな星空ガイドの仕事ができなくなるのも、テカポを離れるのも残念で仕方ありません。このブログのタイトルもどうしようか今悩み中です。

ただ、それでもチャレンジしてみたいことがあるんです。私にとって2017年は大好きな「今」を捨てて、新しいチャレンジに挑むビッグイヤーです。一体どんなチャレンジをするのか大公開します!

 

熊野古道で星空ツアー

プロフィールでも、このブログでも(時には星空ツアーでも)度々言及しておりますが、私は和歌山出身です。和歌山で生まれ育ったことに並々ならぬ誇りを持っておりますし、将来的には和歌山を盛り上げていきたいとずっと願っておりました。

和歌山は日本国内の地方都市が抱える問題をそのまま抱えている県です。止まらない人口流出、大学進学とともに地元を離れる若者たち、帰ってくるにも仕事がない現状。人口減少&高齢化には拍車がかかる一方です。

やはりこの問題を解決するには仕事が必要です。和歌山で仕事ができる場所さえあれば、一度和歌山を離れた人を呼び戻すことも他県からの移住者を呼ぶこともできます。

和歌山には世界に誇る観光資源「熊野古道があります。私がテカポで培った星空ガイドとしての経験と熊野古道の歴史的・文化的な価値、この2つを合わせて生まれた結論が私の新しい挑戦熊野古道で星空ツアー」です!!

 

起業と集客

今現在、熊野古道で星空ツアーを行っている会社はありませんので、やるなら起業することになります。ここがまず挑戦。起業する方々は皆さん最初はそうなんでしょうが、経験したことがないことに足を踏み出すには勇気も覚悟も準備もいろいろ必要です。

ただ一点、ありがたいのは地元・和歌山には起業を経験した和歌山仲間が多くいることです。彼らは私より一足早く起業し、すでに自分たちのビジネスを始めています。わからないことや不安に思うことを相談できる人たちがいるのはとっても心強い。

もう一つの挑戦は集客です。これは起業をするほぼすべての人たちがぶつかる壁とも言えるでしょうか。今は「Earth and Sky」というNZ国内では無敵の星空ツアー会社に所属しておりますので、私が集客の心配をする必要はなくガイド業に集中できます。

今までは用意された舞台の上で踊っているだけで良かった状態から、これからは舞台の準備も立地の交渉も全部自分でやることになります。この未経験の部分がどうなるのか、楽しみでもあり不安でもあります。ワクワクドキドキです。

 

現状と覚悟

ちょっと調べたところによると、熊野古道では現在年間約140万人の観光客が訪れます。そのうち日帰りが9割、宿泊が1割です。だいたいひと月に1万人の観光客が宿泊している計算です。*1

星空ツアーは性質上、その場所に泊まってもらわないと参加してもらえません。この宿泊している人たちにどれだけ興味を持ってもらえるか、そして宿泊する人をどれだけ増やせるかという部分がとりあえずの課題になるかと思っています。

この新しい挑戦がどれだけうまくいくかは正直フタを開けてみないとわからない状態なんですが、うまくいくまで諦めないつもりです。星空ツアーは望遠鏡さえあればランニングコストがほとんどかからないので、諦めさえしなければ事業存続は可能だと考えています。

うまくいかない状態で諦めたら失敗、うまくいくまでやり続けられたら成功。ということは、諦めない限り成功するのはもう決定!(あとはどれだけの年月がかかるか)という覚悟で起業するつもりです。

自分自身悩むこともあるでしょうし、家族にも迷惑もかけるでしょうが、それでもうまくいくまで止めずに続けていく所存です。日本国内で綺麗な星空とテカポで鍛え上げた星空ガイドが聞けるチャンスだと思って、皆さん是非熊野古道にお越しくださいませ。

 

最後に和歌山アピール

この記事をここまで読んでいただいている皆様、本当にありがとうございます。私の個人的な決意表明でしたが、ちょっとでも和歌山への興味を持っていただけたら幸いです。最後になりますが、和歌山アピールしておきます!

まずはやっぱり熊野古道歩いて温泉ですよね。平安時代の人々もこの場所を歩いて、温泉に浸かってその疲れを癒していた場所です。日頃のストレスや殺伐とした生活からかけ離れた異空間で、ゆっくりのんびりと休日を過ごすことができます。

熊野古道の情報や旅の予約はこちらのサイトが便利です→ 熊野古道 |

あとは、パンダがいます。アドベンチャーワールドという動物園兼遊園地は国内有数のパンダの聖地です。→ Adventure World|アドベンチャーワールド

さらに、料理も美味しいです!海と山と川しかないような場所なので、魚は採れたて新鮮和牛・熊野牛も絶品ですし、みかんやすももなどのフルーツ地産地消で美味しく食べられます。日本一の梅・南高梅もありますし。

和歌山は移住者支援制度も充実していますので、私も今後利用していく予定です。今後はそういった支援制度についてもブログに書いていきますので、和歌山のみならず地方への移住を考えている方は是非参考にしてください。

 

関連記事

blog.natsukikakuda.xn--tckwe

blog.natsukikakuda.xn--tckwe

blog.natsukikakuda.xn--tckwe

*1:和歌山県観光振興課HPより